別荘地を見学する際のチェックポイント

地域の気候に合ってるか

その地域の気候条件を考慮した建物プランになっているかどうかをチェックしましょう。
たとえば、寒冷地なら断熱材の厚さが十分なのか、二重サッシになっているかなどの仕様を確認しましょう。
賃貸住宅を探す時も地域の気候などは気にするようにしましょう。

地盤に適した基礎工事をしてるか

建売別荘の場合、地盤に適した基礎工事がされているかの確認をしましょう。
特に傾斜地を利用して建てた別荘の場合、どの程度の補強工事がなされているかも質問を。湿気の多い場所なら、防湿対策は万全かも聞いておきましょう。

利用しやすい間取りになってるか

日当たりや風通し、リビングの広さなど、住まいとしての使い勝手をチェックしましょう。眺望は場所によっても違うので、未完成の場合は住戸を特定して確認してください。

プライバシーは

別荘でゆっくりくつろぎたいと思っても、周囲の騒音や視線が気になるようでは落ち着けません。
また、別荘が密集している地域では、お隣や向かい側の別荘との窓の位置確認もしておきましょう。

室内での安全性

和室や水回りの床などの何げない段差につまずくと、思わぬ事故のもとになることもあります。
特に、別荘でゆったり暮らしたいシニア世帯は、高齢者対応のプランになっているかどうかの確認をしましょう。

中古は傷み具合の確認

中古別荘の場合、天井や壁にカビやシミがないか、建具の開閉はスムーズか、床のきしみはないかをチェックしましょう。
建物の基礎部分にひび割れや不審なシミがあるときは、避けたほうがよさそうです。過去に床下浸水したことがないかどうかも念のために聞いておきましょう。

どんなイベントがあるか

定住志向の人にとって、別荘地内での人々との交流があるかどうかは確認したいところです。
なかにはサークルやイベント活動が多彩に行われてるとこや、住民同士の交流の輪が広がっているケースもあるようです。
中古で購入する場合は、すでにそういったプログラムがあるかどうか確認しやすいので、忘れずにチェックしておきましょう。

管理体制は

自然を満喫できるリゾートライフとはいうものの、予期せぬ事態が発生したとき、周囲に助けてくれる人がいないのでは不安ですよね。防災・防犯時の対応をはじめ、日常の管理体制や生活支援体制が整っているかどうかを入念に確認しておきましょう。

今後どんなものが建つか

憧れの別荘ライフが始まったと思いきや、周囲で年中、別荘の建築工事をやっているようでは、何かとわずらわしいものです。
購入を希望している区画周辺の現況がどうなってるか、将来どんなものが建つのか、どんな開発計画があるのか、といった説明は受けておきましょう。

周辺のレジャー施設

複数のゲレンデがあるか、スキーシーズンが終わったら乗馬やゴルフが楽しめるかなど、自分たちのやりたいスポーツ施設が豊富にそろっているかをチェックしましょう。
さらに自分たちだけでなく、将来、子どもや孫が喜びそうなプレイランドがあるか、といった視点も加えれば、長期的に利用する物件が選べるでしょう。

地域社会との関わり

リタイア後の定住を考えているのなら、別荘がある自治体の行政サービスや福祉に対する取組み姿勢は要チェックしておきましょう。
公民館や図書館などの充実ぶりや各種文化セミナーなどの実施状況なども聞いてみましょう。

一方、定年前に移住して、田舎暮らし的な生活を送りたいと考えている人も中にはいるでしょう。その場合、地元の企業に再就職する道があるかどうかといった点も調べておきましょう。

また、就学年齢の子どもがいるなら、小・中学校までの道のりや、総合病院が車で30分以内にあるかどうかなど、一般的な生活環境のチェックも必要にります。

自然は豊かか

最後はやはり自然環境をチェックです。
海沿いか山沿いかで景色も環境も、あるいはそこで自然に採れる食材も違ってきます。どんな景色が楽しめるのか、どんな食べ物が手に入るかを確認しましょう。

pickup

TopBuzzとBuzzVideoが日本でブランドを強化|Bytedance株式会社のプレスリリース

最終更新日:2018/10/23

(c) 盛りだくさん別荘情報 Allraight Reserved.