別荘地の気候・地形を考えよう

もっとも厳しい季節に実体験を通して気候を調べるとよいでしょう。

最近の別荘は、一昔前のように夏だけの避暑地、冬だけの避寒地という利用は少なくなり、最近では年間を通してずっと利用するケースが増えてきています。

それだけに1年間の気温や湿度の変化、雨や風の状態を確認した上で、場所を決めることが大切です。
定住を意識しているなら、なおさら。

いちばん気候の穏やかな時期に訪れて、気に入ったからと衝動買いをしてしまうと、年に数カ月しか利用できないと言った、マイナス投資になってしまうかもしれません。

むしろ観光ではあまり訪れない厳しい季節の気候をチェックすることがポイントになります。

ただし、統計的なデータだけを見ても、実際体験してみなければ、本当のところはわかりません。

平均気温はあくまで特定地域の平均的な姿なので、風のない穏やかな日でも、町中と別荘地では気温が1~2℃違うことも珍しくなく、まして地域ごとに特徴的な季節風などが吹くエリアでは、平均気温とは別に実際の体感温度はかなり低くなります。

逆に夏場は蒸し暑そうな海岸近くのリゾートでも標高が50m違うだけで、心地よい海風が当たる過ごしやすい場所もあり、こうした実態を知るには、やはり現地に何度か足を運んで体験してみたり、地元の人に話を聞くのが一番よいでしょう。

雪が残ると建物が傷みやすい、日照のよさも大切

暑さや寒さは体の感覚だけの問題ではありません。

気温の変化や雨風の強さ、あるいは積雪量の多さは、建物にも寿命の影響がでてきます。

ポイントは地域全体の気候ではなく、局所的な風雨の状態です。たとえば、丘の上の別荘では周りに遮るものがなく見晴らしがよいのは結構なのですが、半面、天気が崩れると、吹きさらしの状態で横なぐりの雨が外壁に当ったり、晴れた日では、直射日光が壁に照りつけ、建築後4~5年もたたないうちに、外壁の塗装がボロボロになってしまったケースもあります。

また山の中腹の雑木林などでも、ちょっとしたくぼ地で吹きだまりになる場所があり、それが道路から玄関までのアプローチの部分だったりすると雪かきも大変です。

日照の良しあしも大切になります。
日当たりのよくないところでは、春になってもベランダなどに根雪が残り、木の傷みが速まるケースもあります。

海型の別荘地では、台風や潮風、砂ぼこりの影響などが考えられ、実際に購入を検討している物件の敷地まわりを念入りにチェックしましょう。

傾斜地は山側道路が便利

一般の宅地の場合は、地面が平らになるように均一に造成されているのが普通ですので、敷地に対してどの方向に道路が接しているかを見ることでおよその状況はわかります。つまり道路付けによって日照・通風の条件がある程度まで決まってしまいます。

これに対してリゾートの場合は、敷地面積が広いうえに、もともとあった自然の地形を生かして建築するので、土地の形や勾配なども様々です。道路付けによる影響は少なくなります。

したがって、土砂崩れや地滑りが起きない安全な場所かどうかさえ気をつけておけば、あとのポイントは地形が気に入るかどうかです。
たとえば眺望を重視するなら傾斜地が◎。

ガーデニングや庭でバーベキューをするなどアウトドアライフを楽しみたいなら平坦地が◎。

定住志向の人も平坦な敷地を好む方が多いようです。定住も考えているけれど眺望もほしいという場合は、道路が傾斜地の上(山側)にあるタイプを選ぶとよいでしょう。

一般の宅地の場合には、道路付けの方位が問題でしたが、リゾートでは上下の位置がポイントになります。道路が敷地の山側になるか谷側になるかによって、アプローチのしやすさが変わります。

recommend

最終更新日:2017/8/18

(c) 盛りだくさん別荘情報 Allraight Reserved.